ディアライフ(バンコク)に寄せられるトラブル

2019年5月7日

株式会社ディアライフはタイのバンコクでお部屋探しを日本のサービスと同じようにサポートしてくれる不動産会社です。社長の安藤功一郎氏はお客様目線の不動産サービスを常に心掛けているとのことですが、バンコクは日本の物件に比べて不具合が起きやすい環境なのでトラブルや問題が起こることも少なくありません。

その中で安藤社長はディアライフでお客様のサポートを続け、これまで多くのトラブルを解決してきたということです。ここでは、バンコクでどのような問題が起きやすいのか、実際に起きたトラブル事例についてご紹介していきます。

エアコンのトラブル

エアコンのトラブルはバンコクの物件で最も多い不具合です。「エアコンが冷えない」「エアコンから水漏れしている」などの事例がよくあります。エアコンが冷えない時は、冷却ガスがなくなっている、もしくは室外機の中にある熱交換器が故障していることが原因であることが多いです。その場合は、修理または部品の交換が必要になるでしょう。

一方、水漏れの場合は排水管にほこりが詰まっていたり、排水管にひびが入っていたりといった理由で水漏れしてしまうことが多いようです。クリーンニングまたは排水管の修理・交換で対応できます。

水まわりのトラブル

水まわりのトラブルでは床下の排水管から異臭が上がってくる問題が頻繁に起こります。お風呂場や洗面所の排水管からの異臭は、排水管の汚れや臭気止めの蓋がされていない、臭気止めの水がないことが主な原因です。ごく稀に建物の施工段階で臭気止めの蓋をし忘れてしまうケースもあるようです。

また、バンコクではシャワーを使用している途中に突然水しか出なくなることも珍しくありません。この場合は給湯システムに問題があることがほとんどなので、定期的なメンテナンスが必要になるでしょう。

電化製品のトラブル

毎日利用する洗濯機は排水ホースと蛇口、給水ホースがうまく結合されておらず水漏れしてしまうケースが多いです。バンコクで使用する洗濯機は日本式の洗濯機の洗剤を使うと泡立ちが良すぎて水漏れしてしまうことがよくあります。バンコクでよく使われる欧米式の洗濯機を使用する際は洗剤選びに注意してください。

また、洗いとすすぎまでは問題なく動いたが脱水や乾燥に移行しないといった不具合も見られます。この場合はメーカーに依頼してコントロールパネルを交換してもらうことになるでしょう。

まとめ

このようにバンコクの物件では日本ではあまり見られないトラブルや問題が発生することがあります。お部屋選びの際は、信頼できる不動産屋さんに相談することが大事です。ディアライフではこういったトラブルに対応するためにお客様相談室を設けています。突発的に発生するトラブルは不慣れな海外生活で対応できない方も多いです。困った際に頼れるサービスのある、ディアライフのような不動産屋のサポート体制を利用するようにしましょう。